無限周回の先へ

扉を開く者

サンダー最強理論

f:id:deltapeachboy:20210508075236p:plain

サンダーはなぜ強いと言われているのか。一旦整理するべきだと思った。

思いつく限りとしては…

 

・電飛による耐性の少なさ → 岩技は命中不安が多く、氷技は一致で撃てる強いポケモンが少ない

・H90B85D90 = 大体の攻撃を一発耐えれる、ウーラオスミミッキュを抜けるS100、C125による高数値特殊アタッカー

 

・一致ダイジェット持ち、ダイジェット半減

・羽休めによる一時的なタイプ変更、フィールドの恩恵

・暴風,怪電波の新規習得

・静電気,放電,暴風による運要素

・プレッシャーによるPP枯らし

 

強いポケモンとは要素の絡み合い…

「タイプ,種族値,技,特性,(持ち物)」のシナジーが高いポケモンの事である。

 

6~7世代ではあまり注目されなかったこのポケモンだが、その強さには8世代特有のシステムが関係している。そう、当たり前だが「ダイジェット」の存在が大きい。一致ダイジェット、半減ダイジェット受けとジェットミラーに対して強く出れる。電飛の中でも飛び抜けており、同じ条件である他の岩飛や鋼飛には明確に有利を取れる。この理論を使えば、リベロで疑似的に同条件を満たせるエースバーンやはりきりジェットパッチラゴンの強さも説明出来るだろうか。

また、暴風の新規習得も大きく、ジェット媒体としては十分。もし前世代で暴風を使えたとしてもそう使用率は伸びなかっただろう。特性パッチも一応微強化として見れる。

速いポケモンは環境TOPに君臨する可能性が高い。ガルーラ,ガブリアス,ドラパルト,ミミッキュランドロスなどなど。例外も勿論存在し、カバルドンギルガルドマリルリニンフィアなどが挙げられる。

6世代の催眠術メガゲンガーや制限環境のパッチラゴンそうだが、命中不安だけでポケモンを評価するのはいささか不用意だと言える。それを加味しても強いポケモンがいるのだから。

fateアニメ比較感想

視聴順: staynight (セイバー) → zero → staynight (凛) → アインツベルン相談室 → Heaven's Feel

 

Zero

・セイバーに比べて被害者多いな…

言峰綺礼戦闘力たっか

・確認した矛盾点 (あると公言されてるので) : ギルガメッシュの食事 → 泥,凛が本を受け取る場所,それくらい?

・どのシリーズでもランサー善人

 

・キャスターと士郎つっよ

・やっちゃえバーサーカーが殺意低め,ライダーとイリヤさん合掌

・言峰さんセイバールートよりも弱体化してない…?

・桜の可愛さが上がって、凛の可愛さが落ちたかな…?

・アーチャーなるほど

 

Heaven's Feel

・真アサシンが壊れ

・桜が踏み込んでくるので物語がかなり異質

・ラ…イダー…?

 

派生作品多くてどれから見たら良いか分からないですが、取り敢えず「プリズマ☆イリヤ系」と「Grand Order系」を除外したら良いんですかね

コミュニケーションは強い

コロナ禍など関係無く、人との交流が少ない筆者は「友人との意思疎通」という当たり前なことに幸せを感じる。当たり前なんてものは存在しn… といった話を始めると趣旨がズレてしまうのでここでは割愛させて頂く。

 

コミュニケーションを取る方法は大きく分けて以下の2つ。

①現実で会って話す ②ネットで話す

まずは①について。通り側に挨拶するだけでも構わないが、出来るなら話した方が効果が大きい。お互いの近況や趣味について話すのが良いだろう。

次に②。ネットで話す利点として別に友達である必要性が無い、家から出なくて良い…… なんか悲しくなってきた。
欠点としてはそもそも1対1に持っていくのが難しい、時間がかかる、sns等だとすぐに返信が来る訳では無いといったような点が挙げられる。

時間差があると筆者は幸せを感じにくいので、YoutubeInstagramの生配信へのコメント… となる訳だが、そうそう人数が少ない配信、かつ気が合う方、というのはなかなか見つからない。だが、見つけた時の利便性 (と言って良いのかは怪しいが) は大きいだろう。

 

いかがだっただろうか。

「孤独からの繋がり」は大きな効果を発揮する。NARUTOじゃん

気軽に会い話し別れる現実世界を優先したいものだ。